有名作家の本を読まなければいけないなと思うようになりました。

近所の図書館に行ってよく小説を借りて読んでいるのですが、最近になってようやく有名すぎて今更借りるのが恥ずかしいと思っていた赤川次郎さんと村上龍さんの小説を借りて読みました。

 

お二人とも名前や書いている本のタイトルなどは知っていたのですが、きちんと本を読むのは初めてで、こんなストーリーを書く人なんだ、こんな文章の書き方をするんだと、新鮮な驚きがありました。変に照れていないで早く借りて読めばよかったと思いました。

 

本を読むときは同じ作家の本を続けて読むのではなく、いろいろな作家の本を読むようにしています。作家の方々からすればストーリーに集中して読んでほしいと思うのですが、書く人によってセリフ回しや風景の描写の仕方、ストーリーの展開などに違いがあり、作家のくせや特徴を分析しながら読むのが好きで、ついついそうしてしまいます。

 

次はこちらも有名すぎてなんだか手が出しづらかった『ライ麦畑でつかまえて』あたりを読もうかと思っています。なんとなく爽やかなストーリーというイメージはあるのですが中身がどのようなものかは知らないので、どんな物語なのか楽しみに読みたいと思います。

 

それとちょっと余談なんですが、子ども読書の情報館にある本って子ど向けかも知れないですが、案外大人が読んでもちょっと感動してしまうものがあります。時間があればチェックしてみて下さい。