辺野古移設作業はこれからどうなる

沖縄県の辺野古に米軍の移設作業を進める話が一時的に頓挫していた件ですが、これはどうやら沖縄県の知事の指示でそうなっていたんですね。

沖縄県知事にそこまでの権限が与えられているんだって一瞬思ったのですが、どうやら中央の行政からは結局その指示を無効とするような権力が発動されてしまった結果最終的には移設作業は今後も進められていくことになりそうです。

今回の件について少し思ったのは、こうした地方と行政の分権については、やはりある程度は中央行政が権力を行使する余地をちゃんと残している事と、やっぱり国の単位での話となると、それは地方ではなくて中央行政がつかさどる事が正しいのでは?と思った事です。