疑わし感じです。FIFAのブラック会長。

FIFAの幹部がサッカーの放映権を巡って大規模な汚職をしていた事が判明していた事件についてですが、汚職報道がなされるなかで次期会長を決める選挙に再選を果たしたブラック会長が突然の辞任をしたのには理由があると思います。

自分自身は汚職をしていないという事で身の潔白を訴えていましたが、このタイミングで突然の^辞任があったのは、何か疑わしい事があるからではないのか?と思ってしまいます。

実際に、FIFAのメンバーもそうした思いを持っている人はたくさんいるみたいです。

それに一部の海外メディアでは、ブラック会長の捜査に乗り出したという話もあるそうですし。

多くの幹部が関わっていた今回野汚職事件について、会長だけは全く関わりがなかったという時点でちょっと怪しいんですけれどね。そもそも。