レガシィの弱い部分はブレーキ?

レガシィは実はブレーキ部分が弱いと言われることがあるみたいですが、これってどうしてそうなるんでしょうね。

まあ、弱いといってもそれが事故につながるようなそんな弱さではもちろんないのですが、これはどうやらレガシィのスピード感と関係しているみたいです。

レガシィはよりスピード感を求めているくるまだということは知っている方も多いかも知れないですが、そのために足回りはハードにしていて、ブーストもアップされています。

そうするとどうなるか?というと、そのスピード感に堪えうるためにストップする時のパワーもまた同じだけ高めなくてはなりませんよね。

その分ブレーキの部分が弱いと感じることが多いと言う訳です。

普通にスピード感を求めていない車であればこういった状態になることはあまりないのですが、スポーツタイプ、特にターボタイプにおいては特有のことだといっても良いかも知れません。

その事を考えるとレガシィをあんまり値引きして買おうとすることはこういしたリスクが増えてしまうことにつながるかも知れないですね。

値引きしすぎたらメンテナンスをする人のモチベーションも上がらない、なんて事があるかも知れないし。