シャープの減資

大企業として発展を遂げてきたあの経営再建中のシャープがとんでもないことになってしました。

今の段階ではまだ破たんしたという事でもないのですが、なんと資本金を1億円にするというではないですか?

これは何を意味するのか?

まず、これまでシャープの株式を購入してきた人たちの株式の価値はほぼ紙屑同然になったという事が言えます。

以前は数1000億円規模の資本気だったことを考えると、1000分の1以上価値が少なくなってしまったという事です。

それとこうなってしまった以上はシャープが今後リストラを進めていくことはまず間違いないといってもいいでしょうね。

特に、社員数を減少させることはまず必至な事だと思います。

大企業が時代の波に取り残されてしまうと、いくら大企業といえどもこうした結末になってしまうものなのでしょうか。