エノコミークラス症候群の対策としては

最近、「エコノミークラス症候群」という言葉をよく聞きます。

これは飛行機のエコノミークラスの狭い座席に長時間座ると、血栓が体の中にできて、それが肺動脈に詰まり、呼吸ができなくなって心臓が止まってしまう病気です。

もっと具体的にいうと、狭いところで、8~10時間も体を動かさないでいるために、血液中の脂肪や糖分、コレステロール、赤血球が固まって血栓をつくり、それが肺動脈に飛んでいって起こるのです。

このエコノミークラス症候群の一般的な予防法としては、座席に座っているときでも、できるだけ手足を動かす。

手足をまわしてみたり、引っぱったり、ふくらはぎをもむ、また、トイレにもこまめに立っていく、つまり、歩くことです。

さらに小まめに水分をとるようにしましょう。

もしかしたらよく言われる対策かも知れないですが、エコノミークラス症候群にならないためには手間を惜しまずすることをおすすめします。