Posts in 日常話

便利で可愛い手作りシュシュ

syusyu
最近シュシュにはまっています。市販のものを買うのもいいですが、自分でオリジナルのシュシュを作るのも楽しいです。
用意する材料は基本的にゴム、布、糸だけ。100円ショップで揃ってしまうので、経済的にも優しいです。また、ミシンが家になくても手縫いでも作れるので、子供と一緒に作ってみてもいいかもしれません。ビーズを付けて華やかにしたり、大きなリボンをつけて派手にしてみたり、自分なりのアレンジをして個性をだすのも楽しいです。

 

シュシュは髪の毛を結ぶだけではなく、色んな使い方ができます。腕につけたり、鞄につけても可愛いのでお洒落アイテムとしても大活躍です。

 

また、透明傘の持ち手の部分につけておくと、コンビニなどの傘立てにさしてもどれが自分のものか一発でわかるのでオススメです。

 
お洒落で可愛い便利なシュシュ。これからも色んなシュシュを作って活用し、お洒落を楽しんでいきたいと思います。

会話も時間も人生設計もかわる年齢の無いものねだり

nedaru
年齢を重ねるにつれ、話す内容がどんどん変わってきます。

 

 

子供の頃はゲームやテレビの話、恋愛話、受験、仕事。。最近では、独身の友人と話すときは仕事や友達の恋愛事情、結婚してる友達と話すときは、子供や親の介護、貯金の話が多くなります。

 

会う時間帯やお店も独身の友達はもしくは平日の夜か土日にオシャレなお店やカフェをハシゴ、子供がいる友達は平日のランチのみでファミレス。

 

話を聞いていると、ないものねだりの部分が多いですが、私は人の意見に左右されやすく妬みも激しいので両方の意見がわかります。

 

 

私もそろそろ働きたいので例に漏れず無いものねだりで、働いている友達が羨ましいです。

 

それでも、働かなくても暮らしていけているのは主人のおかげ。

 

どんなに羨ましく思っても、私と遊んでくれる友人や主人への感謝は忘れないようにしたいです。

四季島のお見送りをする

職場が観光施設であることから、地元の観光協会からの要請でJRの特別列車「四季島」のお見送りを毎週のようにしています。

 

駅の近くに集合し毎回4,5人くらいで横断幕を掲げ小旗を振りお見送りをしていますが、一緒にお見送りをしている駅の職員に聞いたところ、この四季島は何か月先まで予約でいっぱいの状況だそうです。

 

特に、既にリタイアした夫婦に人気があるみたいで、1泊2日のコースでも30万円から40万円という超豪華列車の旅が満席の状態という事で、お金のあるところにはある物だと見送りながら感心していました。

TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

私は一生乗ることのないであろう四季島を見送っているとなんだかちょっと切ない気持ちにもなりますが、そんなことは顔に出さずに笑顔で旗を振ってきました。

 

まだしばらくは定期運行が続くようなのでしっかり務めを果たしたいと思います。

母が来てくれました。本当に助かります。

子どもが熱を出してしまい、そんな日に限って幼稚園の個人懇談があるのでどうしようか迷いました。

 

個人懇談の間だけ、母に来てもらって、熱を出した下の子を見ていてくれないかなと思い、母に聞いてみました。

 

仕事だから無理かなと思いながら、事情を説明すると、午後から来てくれるとのこと。

 

嬉しかったです。

 

私一人で、元気のない子どもを見ているのはやっぱり少し不安がありますが、母が来てくれるとなると心強く、早く来てくれないかなと気持ちがはやりました。

 

途中でお店に寄ってくれて、何かほしいものはあるか聞かれました。

 

 

昔、私が風邪をひいたときに、いつもプリンを頼んでいたことを思い出し、プリンをお願いしました。

 

すると、プリンの他にもヨーグルトやパンなど買ってきてくれました。

 

ありがとう。

 

 

本当に頼りになる先輩ママです。これからもちょくちょく頼りにしたいと思っています。

久しぶりに図書館に行く

久しぶりに図書館へ行ってきた。最近本離れしていたので、精神的なバランスがよくなかったのかと思っていたので本に触れることにした。

育児書、基本的に読まないのだけれども、ここのところ、本当に子供に怒鳴ることばかりでいろんなものが消費されていて、よくないと思っていたので、育児書を借りてみました。

書かれているのは、なるほどなことばかり。でも、心地よく読めたのは、その育児書の基本に子供に言うことを聞いてもらうのにどうすれば効率的なのか、という考えがあったからなんだと思う。

怒鳴ると親は消耗するし、子供との関係は悪化するだけで、いいことがないから止めた方がいいという考えにとても共感できた。こういう考えというのが好きなんだと思う。

本を読むというのは何かを教えてもらうという事で、貴重な事だと思います。

なければ、自分の頭だけで考えなければいけませんが、それには限界がありますからね。

行きつけのショップで新しい靴を購入

先日は近所のショッピングモールに行ってきました。洋服屋や100円ショップ、散髪屋、スーパーなど色々なテナントが入っています。

 
その日は仕事も休みでお昼まで寝てしまいましたが、疲れも取れて元気になりました。

 

午後から出かけましたが、ショッピングモールまでは車で10分ほどです。

 

日曜日で家族連れやカップルなども多くて混雑していました。免許を取ったばかりで運転は苦手ですが、駐車場が広くて助かりました。

 

行きつけのショップで新しい靴を買いましたが、おしゃれなサンダルです。10センチほどのヒールがありますが、ウエッジソールで歩きやすいです。

 

ちょうどセール中で定価より安く買えたのでお得でした。

 

充実した休日を過ごせて満足です。

 

このごろはなかなか普通にショッピングができずに、もんもんとストレスだけが溜まっていたので、本当によかったです。

もっと早く使い始めればよかった!とっても便利なこのアイテム!

先日買い物に出かけたときに、素敵な老婦人がおしゃれなショッピング用のトロリーを引いているお姿を見かけました。

 

よく見かけるキャリーとは形が少し違っていて、大きな縦長のトートバッグに小さな車輪とハンドルが付いているようなトロリーでした。

 

生地の柄からメーカーが推測できたので早速うちにかえってからPCで検索し、近所で買えるお店を探し出し、無事に同じものが入手できたのです。

 

美容と健康を兼ねて、自転車ではなく徒歩でお買い物に出るようにしていましたが、つい買いすぎてしまうと荷物が重くて後悔してしまうことも度々ありました。

 

でも昨日初めてショッピングトロリーを使ってみて、その便利さに感動!自作でタッセルを作って取り付け、さらにおしゃれにカスタマイズしてみました。

 

なんとなくおばあちゃんが使うものというイメージが強いショッピングトロリーですが、本当に便利ですよ。荷物を入れた重いバッグを肩にかけて持つと、骨格の歪みにもつながってしまうので、若い世代にもオススメしたいです。

甘いものを食べるコーヒータイムを楽しむために、仕事が頑張れる

甘いものが大好きな私は、最近新しいチョコレート菓子を見つけて、そればかりを食べています。

 

 

糖尿病にならないように、コーヒータイムの時だけお菓子を食べるように気をつけてはいるものの、なかなか食べる量は減らせないでいます。

 
ただ、甘いものが食べれるのは、コーヒータイムの時だけと限定しているおかげで、毎日の中で、その時間が楽しみとなり、それまでの仕事を頑張る動機付けになっています。

 

この仕事が終われば、チョコレートが食べて一息つこうとか、この時間を乗り切れば、甘いものが食べられると自分に言い聞かせて、気合を入れることができています。

 
今日は、わらせなきゃいけない仕事が1つあったのですが、無事にコーヒータイムの前に終わらせることができて、ホッとしてしながらコーヒーとチョコレート菓子を味わうことができました。

学生のうちにマラソン目標タイムきる!

私は大学生です。高校生の時陸上部に所属しており今は市民ランナーとして頑張っています。

 

走る機会があるとどうしても気になってしまうんですよね。

 

先日初マラソンを走りました。

 

正直練習不足であり3時間30分もかかってしまいました。とても悔しくて、私は決めました。

 

また来年でて、3時間をまずきる!と。マラソンの苦しいのは30キロからといいますが、まさにそのとおりでした。

 

足が動かなくなりとても苦しかったです。

 

もっと、練習でも走り込んで30キロの壁を乗り越えて今度は笑顔でゴールできるようにしたいとおもいます。

 

3時間をきれたら、更にまた目標をたて、最終的には2時間30分をきりたいとおもっています。

 

生涯走り込んで悔いのない練習をしていき、その他の大会でもいい結果がだせるように頑張りたいと思います。

 

ちょっと大げさかも知れないですが。

 

一人暮らしをするなら家事をこなせるように。

いま、私は一人暮らしをしている男子学生である。ここで私は、いまの生活を紹介しようと思う。

一人暮らしにおいて心配なのは間違いなく家事である。洗濯、掃除、料理といった面倒な作業だ。

洗濯は実は意外とできるものだ。毎日しっかり洗濯機を回している。抜いだらまず洗濯機にいれて、夜に洗剤を入れて洗濯機を回せば全く問題無くできる。

掃除も汚れたらすればいいので簡単だ。もっとも問題なのは、料理である。夜遅くに帰ってきて料理するのはとてもめんどくさい。

買ってきたもので済ませてしまうことが多々ある。なので、料理はしっかりできるようにしてから一人暮らしをはじめるべきである。料理が大変だったとは思いもしなかった。みなさんにはきをつけていただきたい。

友達に料理などの家事を難なくこなせるやつがいるが、その友達にとって一人暮らしは特に何の問題もないようだ。