Posts in ビューティー・コスメ

ただ今ダイエット中です。心と体はつながっている。

今取り組んでいることはダイエットです。毎年冬になると、食べてばっかりで運動しないことから体重が2~3kg増えてしまいます。

なので最近では、夜ご飯の炭水化物をぬいたり、野菜を食べたり、お菓子・ジュースを控えるようにしています。それと絶対毎日体重を測るようにしました。

測ることによって一日でどれだけ体重が減ったのか、また増えたのかわかるようになって、次の日の食事や運動プランを考えるようになりました。

それで減っていたらがぜんやる気も出てくるし、ちょっとした幸せなので、自分的には楽しくダイエットできていると思います。

ストレスも太ってしまう原因の一つなので、ストレスをためない生活も心がけたいと思います。

心と体はつながっているという話を聞いた事がありますが、ダイエットをしているとそれを実感する事があるんですよね。

シミができてしまうプロセス

シミができるプロセスを知るためには、何を知らなければいけないか?というと、それはメラニン色素が肌のなかで作られる仕組みを知ることが最も重要です。
メラニン色素ができてしまうのは、まずは基底層になるメラノサイトと呼ばわれるものがメラニン色素を作り出すところなのですが、皮膚が紫外線を浴びる、皮膚に摩擦等の刺激を受けたりすると、メラノサイトが活性化し始めます。

このときにメラニン色素が作られることになるんです。

シミはできて欲しくはないものですが、これは一種の肌の防御なんですね。

ある一定の刺激が皮膚に加わることによって、メラノサイトは皮膚を守ろうとしたときにシミができてしまうんです。

繊維芽細胞って

ある程度スキンケアに詳しい人でもあまり聞いたことがない言葉として繊維芽細胞というのがあります。

これは肌の真皮にあるものですが、真皮というところはその水分を除いてしまうとほとんどがコラーゲンで形成されています。

そして、このコラーゲンをつないでいるのがエラスチンという繊維です。。

さらにいうと、コラーゲンとエラスチンが骨組み上になっている間を埋めているのが、ヒアルロン酸なんですね。

これらの3つの成分が真皮で生み出され続けていれば、肌はシワができることもなく、またたるみなどもできてきません。

もっというと、これらの3つの成分が生み出し続けている細胞があるんです。

それが繊維芽細胞といわれる真皮にある細胞なのです。

スキンケアしてないから赤ちゃんの肌が乾燥してる。

今日、いつもはプルプルの生後4か月ほどのうちの娘のお肌が乾燥していることに気づきました。
赤ちゃんの肌って、ずっと肌艶良くてプルプルしているものだと思っていたので驚きました。
慌てて実家の母に相談したら、どうやら私も赤ちゃんの頃に乾燥したことがあったらしくて、色々と対処方法を教えてもらいました。
赤ちゃんの肌って結構デリケートで実は乾燥しやすいらしい。なので、こういうときは赤ちゃん用のスキンケア商品を使うと良いと教わったので、早速買ってきました。
赤ちゃん用の保湿クリームを買ってきて、付けてあげました。
これで大丈夫みたいなので、様子を見てみようと思います。大人だけじゃなくて赤ちゃんもお肌のケアって大事なんだなあと勉強になりました。
まだまだ赤ちゃんのスキンケアのことに関しては本当に勉強不足だから。
赤ちゃんの将来の肌のためにもしっかりとやっていこうっと。
一生を左右するっていうしね。こういう時期のケアって。

サロンのシャンプーを使えば何が変わる?

普通に市販されているシャンプーを使うのと、それとはまた違ってサロンのシャンプーを使うのでは何が違ってくるんでしょうね。

それに関して私が思うことは、まずはダメージケアをできるシャンプーを使うことになると思います。

どうしてかというと、いわゆるサロンのシャンプーというは、ほとんどがアミノ酸系のシャンプーが使われていると思うのですが、アミノ酸はもともと髪を構成しているタンパク質です。

というか、アミノ酸で髪は構成されているといってもいいでしょう。

だから、傷んで、ボロボロになった髪に対してケアが効果的という事です。

サロンのシャンプーにもそれぞれ細かなところでは成分などに違いがあることもあるかも知れないですが、この点に関しては共通事項だという事ができます。

そしてこれはちょっと話がそれるかも知れませんが、なかには頭皮のケアもできるシャンプーがあります。

地肌に優しくて刺激が少ないって事ですね。

低刺激のシャンプーを探すのは・・・

低刺激なシャンプーを使いたいと思った時にはきっと量販店などのシャンプーコーナーなどにいってどれかいいものはないのかな?って探すことになると思うのですが、それって結構見つからないケースがあると思います。

というのも、基本的にはそういったところにはあんまり高価なシャンプーがないのですが、となるとおいてあるのはやっぱりリーゾナブルなシャンプーになりますよね。

ですが、こうしたリーゾナブルなシャンプーというのはどうしても刺激が強いものになってしまうんですよね。

というのも、安く作ろうとするとどうしても活性剤が刺激性になってしまうので、結果として、あまり低刺激なシャンプーはおいていないことになるんです。

という事であまり量販店にはないことが多いんですよね。

もちろん、高いシャンプーがすべて良いという事でもないのですが、それでも低刺激である可能性は結構高くなってきます。

因みに、ネットの通販などで探してみるとそれでも安めのものがあるかも知れないですね。

シャンプーした後の手触りの良さに騙されちゃダメ!

お気に入りのシャンプーがある時から急に合わなくなっていく事ってありませんか。最初はサラサラになったのに、だんだんきしんできたり、パサついてきたり・・。
この理由はシャンプーに入っているコーティング剤の成分のせいです。
シャンプーのコーティング剤には、髪の艶をだし、手触りを良くする成分が入っています。これが天使の輪を作ってくれ、サラサラにしてくれるのです。 (さらに…)

人気がある洗い流さないトリートメントとは

人気がある洗い流さないトリートメントとは女性の髪の悩みを解決してくれる商品になります。

女性の方たちは美容室等で色々と髪について雑談し情報を得る事が出来ます。

美容師の中には洗い流さないトリートメントについて詳し方も多いので聞いてみるのも良いです。

冬場や春先は空気が乾燥している為、髪毛がパサパサになる方が多いようです。これらのパサツキを改善してくれるのが洗い流さないトリートメントです。
(さらに…)

馬油を使うことで肌も髪も

私の知り合いに美容についてはわりとこだわりをもっている女性がいるのですが、その方はいつも使っているスキンケアのうちの一つに馬油があるんです。

もっとヒアルロン酸とかコラーゲンとかだと思っていたのですが、なんとなく。

その人的には馬油の美容効果というのもは素晴らしいという話でした。
(さらに…)

髪がパサつく原因には何が?

パサパサした髪だと全然見た目の感じも違ってきてしまいますよね。だってそれだけでちょっとおばさんみたいな感じになってしまいますからね。
さて、そんな髪がパサつくのはどうしてだと思いますか?
それは乾燥してしまっているからですよね。ではその乾燥はどうして引き起こされるのか?とここがかなりのポイントなんですが、それは髪の表面がはがれてしまっているからなんですよ。

そしてそこからどんどんと髪の毛がもともともっていた成文がながれだしていってしまうんです。
(さらに…)