シミができてしまうプロセス

シミができるプロセスを知るためには、何を知らなければいけないか?というと、それはメラニン色素が肌のなかで作られる仕組みを知ることが最も重要です。
メラニン色素ができてしまうのは、まずは基底層になるメラノサイトと呼ばわれるものがメラニン色素を作り出すところなのですが、皮膚が紫外線を浴びる、皮膚に摩擦等の刺激を受けたりすると、メラノサイトが活性化し始めます。

このときにメラニン色素が作られることになるんです。

シミはできて欲しくはないものですが、これは一種の肌の防御なんですね。

ある一定の刺激が皮膚に加わることによって、メラノサイトは皮膚を守ろうとしたときにシミができてしまうんです。