サロンのシャンプーを使えば何が変わる?

普通に市販されているシャンプーを使うのと、それとはまた違ってサロンのシャンプーを使うのでは何が違ってくるんでしょうね。

それに関して私が思うことは、まずはダメージケアをできるシャンプーを使うことになると思います。

どうしてかというと、いわゆるサロンのシャンプーというは、ほとんどがアミノ酸系のシャンプーが使われていると思うのですが、アミノ酸はもともと髪を構成しているタンパク質です。

というか、アミノ酸で髪は構成されているといってもいいでしょう。

だから、傷んで、ボロボロになった髪に対してケアが効果的という事です。

サロンのシャンプーにもそれぞれ細かなところでは成分などに違いがあることもあるかも知れないですが、この点に関しては共通事項だという事ができます。

そしてこれはちょっと話がそれるかも知れませんが、なかには頭皮のケアもできるシャンプーがあります。

地肌に優しくて刺激が少ないって事ですね。