ツイッターのいろは

最近、ツイッターを始めました。今更ながらですが。

 
というのも、それこそツイッターが話題になりはじめていたころ登録はしていたんですが使い方がわからず放置していたんです。

 

今回は好きなプロレスラーがツイッターを始めたことを知って、以前のアカウントは消して新しく趣味用として始めることに。

 

まだ慣れていないので上手く活用はできてないのですが、やってみると意外とハマってしまって。

 

興味のある団体の公式アカウントをフォローしていると最新情報も知れますし、いいですね。

 

個人的に好きなのは、新日本プロレスの鈴木軍タイチ選手のつぶやき。

 

相撲が好きみたいでしょっちゅう相撲へのコメントしているようです。自分の試合のことより多いんじゃないでしょうか。

 

あとは、自分のフォロワー(見てくれる人のこと)を増やすだけですね。

 

めざせ100万人!(ただいま2人からのスタートです)

ウコンの力がこんなに効果があるなんて…

若い頃には、ザルと呼ばれていた私も、年齢を重ねてめっきり弱くなりました。
飲む機会も減ったため、たまの飲み会の翌日は大変つらく感じます。

 

朝だけでなく1日中、ひどいときにはその翌日まで、使い物になりません。

 

数回、そんな経験を重ねると、どんなに学習能力が低くても気を付けようと思うものです。

 

先日の飲み会の前には、「2杯でやめる」と決意しました。

 

ところが、そんな私に、夫がウコンの力を勧めてくれたのです。

 

正直、気休めとしか思えませんでしたが、安心感からか、いつものように飲み過ぎてしまいました。

 

効果を実感したのは翌朝のこと、二日酔いを覚悟していたのにスッキリ目覚め、普通に買い物に出かけられるではありませんか。

 

気休めだなんて思って申し訳ない、こんなに効果があるなら、もっと早くから飲んでおけば良かったと、嬉しい半面、少々残念でもあります。

沢山購入したきゅうり

先日、近所のスーパーの広告で、きゅうりが1本33円という大変安い金額だったので、何本か購入しました。

 
我が家では、一番大好きなきゅうりの食べ方が、きゅうりに味噌をつけて食べるというシンプルなものです。

 

 

シンプルイズベストですね。

 

 

昔、ジブリ映画のとなりのトトロを見ていて、さつきとめいちゃんが夏野菜のきゅうりを川で冷やして、それを食べているシーンがどうにもおいしそうでたまらなくて、そのあとにはきゅうりやトマトを食べたものでした。

 
なつかしいです。

 

しかし、きゅうりを使った料理というと、サラダに入れるか味噌をつけて食べるかしか思いつかない私は、今レシピ検索をしています。

 

今日は、おいしいきゅうりの副菜を作ろうと思います。

 

それと旦那のお酒を飲む時のあて用に浅漬けもしないと。浅漬けとお酒があれば静かにしてくれるのがうちの旦那なので。

株がストップ高で驚いた。

私の保有していた地味な銘柄の株式がストップ高になっていました。

 

どうもこの会社が市場変更で東証1部に昇格するのだそうです。その銘柄は卵関連の銘柄なのですが、いままでも株価はそれほど上がった記憶が私にはないので正直びっくりしています。

 

私の正直な感想としては「東証一部に昇格するといってそこまで株価が上がらなくてもいいだろう。」とは思うのですがやっぱり自分の保有している株式の値段が上がるとうれしいものです。

 

ただ、それよりも問題なことが一点あります。それはこの株式をいつ売却するかです。

 

このまま、株価が何日もストップ高し続ければ何も問題もないのですが、さすがにそこまではないだろうと私は思っているので頃合を見て株式を売却しようと思っています。

 

要はタイミングが大事だという事ですね。とはいっても、そのタイミングがよくわからなくて困ってしまうのが株なのかも知れないですが。

初めてのココ壱

今日は友人と一緒にお出かけしたのですが、そこでお昼ご飯に人生で初めてのココ壱に行きました。

 
今までも興味はあったのですがなかなか一人で入店する勇気が湧かず断念していましたが、今日は友人も一緒ということで満を持してお店に行ってきました。

 
私はかなりお腹が空いていたのでロースカツカレーにチーズをトッピングしたものを、友人はほうれん草のカレーの注文。

 
いざ食べてみるとカレーは思っていたよりも辛口でスパイシーでしたがカツもサックサクで、トッピングしたチーズも一緒にとろけてとても美味しかったです。

 

友人のほうれん草カレーも少し貰いましたが意外とカレーにほうれん草がマッチしていてこちらもおいしくいただきました。

 
ただ普通盛りでも私には多かったので間食するのは少しばかり苦労しました…。

 

 

それでも初めてのココ壱、とても満足しました。

 
次に行くときは二択で迷い切り捨てたシーフードカレーに挑戦してみたいです。

ただ今ダイエット中です。心と体はつながっている。

今取り組んでいることはダイエットです。毎年冬になると、食べてばっかりで運動しないことから体重が2~3kg増えてしまいます。

なので最近では、夜ご飯の炭水化物をぬいたり、野菜を食べたり、お菓子・ジュースを控えるようにしています。それと絶対毎日体重を測るようにしました。

測ることによって一日でどれだけ体重が減ったのか、また増えたのかわかるようになって、次の日の食事や運動プランを考えるようになりました。

それで減っていたらがぜんやる気も出てくるし、ちょっとした幸せなので、自分的には楽しくダイエットできていると思います。

ストレスも太ってしまう原因の一つなので、ストレスをためない生活も心がけたいと思います。

心と体はつながっているという話を聞いた事がありますが、ダイエットをしているとそれを実感する事があるんですよね。

チャ―ハンに対するチャレンジ

チャーハンが上手くできない…。

 
温かいご飯、フライパンを十分温める、等々、ネットで、「こうすれば上手くいくよ!」的なものは色々試した。あ、得られた情報が役に立たなかったわけじゃない。試す度にチャーハンの出来はよくなる。

 

「え、それならいいじゃない」と言われそう。うん、確かにそうなんだけど、何というか、自分で考えてるほど上達しないんだよなあ。で、勝手に打ちのめされる。

 

 

思い起こしてみると昔からそうだった。「こうすれば上手くいく」みたいな秘訣?情報?を得ると、勝手に結果を高いレベルに想像して、そこまで辿り着かずに
落胆することが多かった。
でも、考えてみればその方法を明かしてる人って、そこに到達するまでに色々試行錯誤を繰り返して、それを自分のものにしてるんだよね。それをちょっと見聞きしただけで、そこに到達するなんて不可能だ。

 

ベースとなる方法は同じでも、それを自分の技術とするには、経験を経るしかない。

 

当たり前だけど、情報は情報でしかない。でも、情報を得たことで、あたかもそれを自分の技術と錯覚してしまうことが多い。でも経験を伴わない情報は言葉の羅列で終わってしまう。

 

たとえば、子供に自転車の乗り方を教える時、言葉でアドバイスはできるけど、乗れるようになるには本人なりの力の配分やタイミングを、自分で覚えるしかな
い。これは勉強だって仕事だって、日常生活だって同じ。

 

だよね。…チャーハン、がんばります。

ローヤルゼリーは栄養たっぷり。でも蜂の子はさらに上を行く!

ローヤルゼリーっていうのは、栄養価が高い事で知られている健康食品です。ドラッグストア、それに薬局などに行った時に見かけたこともあるのではないでしょうか?

 

このローヤルゼリーは女王蜂の餌として、働きバチが分泌をしているようですが、その栄養価というのは非常に高く、滋養強壮などに良く、また病後などの体力回復にも効果的とされています。

 

栄養ドリンクなんかにもローヤルゼリーが〇〇入っています、みたいなうたい文句ってありますよね。

 

それだけ人の健康を増進するだけの効果があるのがローヤルゼリーなのですが、実は、それを上回る栄養価をそなえたものがあるのを知っていますか?

 

それは、蜂の子です。

一説によれば、その栄養価の高さはローヤルゼリーの300倍とも言われています。

 蜂の子の栄養価はローヤルゼリーの300倍

 

そこで、疑問に思ったのですが、一般的にローヤルゼリーというのは非常に高価なもので、手に入れようとするとそこそこの値段がしてしまうものが多いですよね。

アマゾンで少ししべてみたのですが、ちゃんとしたローヤルゼリーというのは、1ヶ月分でだいたい5,000円ぐらいするものも多いです。

 

山田養蜂場のローヤルゼリーに関しては7,000円以上もするんですが、これでは普通の人が購入するにはちょっと躊躇してしまいますよね。

 

さて、それに対しての蜂の子なんですが、サプリメントとして販売されているものをネットショップで調べてみると、だいたい3,000円前後で販売されています。

 

ローヤルゼリーよりも栄養価が高くて、しかも平均的に安い。

 

だったら、ローヤルゼリーよりも蜂の子の方がお得だし、健康にも良いっていうふうに考えられるのではないでしょうか?

三崎まぐろ祭年末ビッグセールに家族と行きました

2年前の年末に初めて行って、楽しかったので昨年末にも行ってきました。
場所は神奈川県の三浦市三崎港近くの市場界隈です。

 

年末12月28日から30日までの3日間、特別のセールということで、マグロの大きな冷凍した切り身や、各部分(カマや卵など)、マグロを使った商品、
お正月の食事に使われる材料、地元産の野菜などがお安く手に入ります。

 

お目当ては、マグロの冷凍の切り身でした。実家にお土産として昨年のお正月に持参し、好評だったため、年末に再度遊びがてら行ってきました。

 

売っているお店の店員さんはみなさん元気で威勢の良い方で、朝から活気を感じます。なぜか、青森産のシジミを使ったシジミ汁の露店もあり、
朝で寒かったこともあり、美味しそうなシジミ汁を家族で、いただきました。ほっと一息つけるお味と、なんだか面白いなまりの青森の言葉が心を温めてくれました。

 

マグロや他の食料品だけでなく、古着や絵などの販売の露店なども立ち並びます。面白い雰囲気のお祭りなので、たぶん、今年の年末も遊びに行くと思います。

有名作家の本を読まなければいけないなと思うようになりました。

近所の図書館に行ってよく小説を借りて読んでいるのですが、最近になってようやく有名すぎて今更借りるのが恥ずかしいと思っていた赤川次郎さんと村上龍さんの小説を借りて読みました。

 

お二人とも名前や書いている本のタイトルなどは知っていたのですが、きちんと本を読むのは初めてで、こんなストーリーを書く人なんだ、こんな文章の書き方をするんだと、新鮮な驚きがありました。変に照れていないで早く借りて読めばよかったと思いました。

 

本を読むときは同じ作家の本を続けて読むのではなく、いろいろな作家の本を読むようにしています。作家の方々からすればストーリーに集中して読んでほしいと思うのですが、書く人によってセリフ回しや風景の描写の仕方、ストーリーの展開などに違いがあり、作家のくせや特徴を分析しながら読むのが好きで、ついついそうしてしまいます。

 

次はこちらも有名すぎてなんだか手が出しづらかった『ライ麦畑でつかまえて』あたりを読もうかと思っています。なんとなく爽やかなストーリーというイメージはあるのですが中身がどのようなものかは知らないので、どんな物語なのか楽しみに読みたいと思います。

 

それとちょっと余談なんですが、子ども読書の情報館にある本って子ど向けかも知れないですが、案外大人が読んでもちょっと感動してしまうものがあります。時間があればチェックしてみて下さい。